文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

お盆期間中の帰省、「感染防止策を徹底して」…分科会が提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は5日、お盆期間中に帰省する際は感染防止策を徹底するよう求める提言を発表した。分科会の尾身茂会長が記者会見して公表した。

 提言では、帰省先では高齢者と接したり、飲酒や飲食をしたりする機会が多くなると指摘し、手洗いやマスクの着用、換気などを徹底するよう要請した。大人数での会食は感染リスクが高まるため避けるよう訴えた。発熱などの症状がある人や、感染リスクが高い場所を最近訪れた人は帰省を控え、インターネットによる「オンライン帰省」などを検討するよう促した。

 西村経済再生相は記者会見で、提言について「一律に帰省の自粛を求めるものではない。国民それぞれで判断し、十分に注意してもらいたい」と強調した。

 政府は当初、近く分科会を開いて帰省の際の注意点を議論してもらう予定だった。尾身氏はこの日の記者会見で、「お盆が間近に迫る中、専門家の考えを早く示すべきだと考えた」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事