文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

感染者急増の愛知、19日間の緊急事態宣言発令へ…県またぐ行動自粛求める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県の大村秀章知事は5日の臨時記者会見で、県独自の緊急事態宣言を発令すると発表した。お盆休みを含む6~24日の19日間、県をまたぐ不要不急の移動自粛などを求める。6日午前の対策本部会議で正式に発令する。

 県内では7月中旬から感染者が急増。5日には新たに147人の感染が判明し、100人を超えるのは9日連続となった。宣言では、東京など首都圏への移動自粛に加え、お盆休み期間中の不要不急の行動自粛や、帰省するかどうか家族で検討するよう要請する。

 県は4月に発令した独自の緊急事態宣言では県内全域の飲食店などに休業を要請したが、今回はそこまで求めない。しかし県は5~24日、複数のクラスター(感染集団)が発生している名古屋市の繁華街の一部に限り休業や営業時間短縮を要請している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

<PR情報>

最新記事