文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

下関市の感染男性、症状出た後に出勤や友人と食事・釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山口県下関市は4日、同市の会社員男性(30歳代)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染者数は59人(うち1人は再発)となった。

 発表によると、男性は7月23日、友人男性と車で熊本市を訪問。接客を伴う飲食店を利用し、24日に下関市内に戻った。26日に味覚障害や頭痛の症状が出た。28~31日は無症状だったが、8月2日に再び味覚障害や関節痛などの症状が出て、3日のPCR検査で陽性となった。現在は県内の医療機関に入院している。

 男性はこの間、市外の勤務先に出勤したり、複数の友人と食事や釣りに行ったりしていた。市によると、濃厚接触者は少なくとも11人で、うち、同居する家族1人は検査の結果、陰性だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事