文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」

医療・健康・介護のコラム

夏本番。こんな時代だって、温泉は満喫できるんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 学生も社会人も夏休みに入り、そろそろ旅行に出かける機会も増えてくる頃でしょう。観光シーズンの到来に、多くの温泉旅館は、お客さんに安心して来てもらえるようにと、それぞれの新型コロナの感染防止対策を試みています。

感染防止に配慮したイベントも

 先日、私が泊まった温泉旅館では、日本酒のイベントが開催されており、会場は不思議な空間になっていました。

 集まったのは限られた数のお客さんでしたが、天井からつるされたいくつもの大きなアクリル板で仕切られていました。 飛沫(ひまつ) 感染予防のためですが、そこにいても圧迫感はまったくありません。むしろ、その仕切られた空間は、まるでアートのよう。

 光量を調整した照明が醸し出す雰囲気。低く流れるラテン音楽。正面には2メートル以上もあるドウダンツツジが大きな花瓶に活けられてありました。

 温泉旅館のイメージを覆す音色と色彩の風景で、コロナ禍の中での重たい気分が一気に吹き飛びました。

 コロナ感染防止対策を施した空間でも、工夫次第では、こんなにも楽しませてくれるのかと感心しました。

夏本番。こんな時代だって、温泉は満喫できるんです

箱根らしい静けさに包まれた「円かの杜」の露天風呂

登山鉄道が復旧した箱根の宿で

 これは、神奈川県箱根町の強羅にある「 (まど) かの (もり) 」での光景です。

 本連載では、今年1月に箱根を取り上げていますが、昨年の台風19号で大きな被害を受け、長く不通になっていた箱根登山鉄道が、7月23日に全線復旧しましたので、応援の意味で、もう一度、取り上げたいと思います。

 「円かの杜」の経営母体は、森林資源が豊富な飛騨高山の旅館ということもあり、「日本人には木がなじむ」という考えのもと、ここ箱根にも「円かの杜」が造られました。フロントロビーには、山形県と秋田県にまたがる鳥海山の麓で太古から眠っていた 神代欅(じんだいけやき) を中心に、杉や檜が使用されています。

 2014年のオープンから時間もたちましたので、当初は白木でしたが、時間とともに薄茶の色みが加わって、落ち着いてきたことで、旅館に馴染んだとでもいいましょうか。ふんだんに使われている館内の木々と、職人さんの仕事による土壁が調和し、訪れた人に安らぎを与えてくれます。

 廊下は全て畳敷きですので、スリッパをはく必要はありません。

夏本番。こんな時代だって、温泉は満喫できるんです

客室にも木のぬくもりがいっぱいです

 客室数20室の規模で、全室に露天風呂が付いています。客室からも露天風呂からも箱根外輪山の 稜線(りょうせん) が眺められ、露天風呂の横にあるウッドチェアに身を横たえれば、ゆったりとした時間を過ごせます。大浴場に行かずとも、部屋で温泉を楽しむことができるのは、現代のニーズに合っているでしょう。

 また客室には、「新型コロナウイルス感染予防対策について」というお知らせと「マスクの仮置きにお使い下さい」という簡易マスクケースが置かれてありました。

 現在、入浴者の人数制限をしている大浴場では、露天風呂の頭上に桜の木があり、その季節になれば、お湯につかりながらの花見を楽しめます。

 敷地内に源泉が2本あり、大浴場と内風呂では泉質が異なります。客室の源泉はとくに美肌効果が高いと言われています。

夏本番。こんな時代だって、温泉は満喫できるんです

客室風呂からは箱根外輪山が

予約をする前に、宿の安全対策をチェック

 感染防止対策が欠かせない現在、日本各地の旅館は独自の個性を発揮して、この難局を乗り切ろうとしています。多くの宿では、HPに記載していますので、それぞれの安全対策に納得してから予約を入れるといいでしょう。

 ただ、観光地や宿の側ばかりが予防をしても、安全な旅は約束されません。やはり旅行者の心がけも必要になっています。

 観光庁は「新しい旅のエチケット」を推奨しています。
 「毎朝の健康チェックは、おしゃれな旅のみだしなみ。」
 「握手より、笑顔で会釈の旅美人。」
 「こまめに換気、フレッシュ外気は旅のごちそう。」
など、旅心が損なわれない言葉で注意喚起がされています。

 新しい観光地、新しい温泉旅館スタイルをみんなで作り出していきましょう。

箱根強羅温泉 円かの杜

箱根強羅温泉 円かの杜
【 所在地 】〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
【 電 話 】0460-82-4100
【 泉 質 】ナトリウム-塩化物泉
【 効 能 】切り傷、皮膚病、末しょう循環障害、冷え性、うつ、皮膚乾燥症など
【アクセス】箱根登山鉄道「強羅駅」、箱根登山ケーブルカー「早雲山駅」から無料送迎
【ホームページ】https://gorahanaougi.com/madokanomori/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamazaki_mayumi_prof

山崎まゆみ(やまざき・まゆみ)

温泉エッセイスト、ノンフィクションライター、VISIT JAPAN大使、跡見学園女子大学兼任講師。世界32か国1000か所以上の温泉を巡り、「温泉での幸せな一期一会」をテーマに各メディアでリポートしている。『続・バリアフリー温泉で家族旅行』(昭文社)等著書多数。最新刊は『行ってみようよ! 親孝行温泉』(昭文社)。内閣官房東京オリンピック競技会・東京パラリンピック競技会推進本部事務局「ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議 街づくり分科会」「ユニバーサルデザイン2020評価会議」に参画し、日本の「バリアフリー温泉」の推進に力を注いでいる。温泉情報はTwitter、FB、インスタグラムで更新中。

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事