文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田代由紀子のアスリートレシピ

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

金時草ちらし寿司…葉の裏側が美しい金時色の加賀野菜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今回は、旬の「 金時草(キンジソウ) 」を使ったお料理です。

 金時草は石川県に古くから伝わる加賀野菜のひとつで、葉の裏側が美しい金時色(赤紫色)のため、その名で呼ばれるようになりました。熊本県では水前寺菜、愛知県では式部草、沖縄県ではハンダマの名称で流通されている夏野菜です。

 金時草は、βカロテン、ビタミンB1・B2、ビタミンC、カリウム、鉄、カルシウムなど、暑い夏に汗とともに失いがちなビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

 また、金時草の金時色はアントシアニンというポリフェノールで、優れた抗酸化作用や代謝を促す作用があると言われています。アントシアニンは水溶性なので、ゆで過ぎは、アントシアニンの流出、食感の低下の原因にもなるので気を付けましょう。

 今回は、アントシアニンが酸性になると赤く色づく作用を利用して、淡いピンク色の酢飯を作ります。ゆでた金時草も刻んで混ぜ込み、キュウリを加えた夏らしいお 寿司(すし) です。

[作り方]

(1) 酢・砂糖・塩を混ぜておく。

(2) 金時草の葉をさっとゆで、水気を絞り5mm幅に刻み、(1)に漬ける。

(3) キュウリを薄くスライスし塩(分量外)を少々まぶし水気を絞る。

(4) 温かいごはんに(2)を加えて混ぜる(ピンク色になります)。

(5) (4)の粗熱が取れたら、(3)と水分を切ったツナ、 () りゴマを加えて混ぜる。

(6) 器に盛り、筋子をトッピングする。

(1人あたり約324kcal)

(レシピ作成 アスリートフードマイスター 田代由紀子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プロフィール田代_100

田代由紀子(たしろ ゆきこ)

アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、正調理指導師
スポーツを楽しむための体作りに必要なメニューを提案。簡単、時短、料理が楽しくなるレシピ作りを心がけている。自治体、企業へのレシピ提供、料理教室講師も行う。料理教室「オレンジキッチン」主宰。
ホームページ:Orange Kitchen -cooking studio-(オレンジキッチン クッキングスタジオ)

chourishidou_logo

田代由紀子のアスリートレシピの一覧を見る

最新記事