文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優 比企理恵さん

一病息災

[女優 比企理恵さん]パニック障害(1)自分が壊れるのを実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[女優 比企理恵さん]パニック障害(1)自分が壊れるのを実感

 5か月近くも、舞台の仕事が途切れずにいた。

 一つの作品が千秋楽になっても、すぐに次の芝居の稽古が始まる。長い地方公演が続き、自宅にも帰れていない。

 1993年。28歳になっていた。アイドルとしてのデビューが14歳だったので、それまでの人生のきっかり半分を芸能界で過ごしてきた。忙しい毎日は当たり前だった。

 ところが、その夜は少し様子が違った。

 名古屋・名鉄ホールの舞台が終わり、ホテルに戻った。身も心もクタクタなのに、ベッドに入っても、一向に眠りがやってこない。

 少し意識が遠のいても、すぐに大量の寝汗で目が覚める。やがて、心臓がバクバクと暴れ出し、ベッドが大きく波打っているように感じた。

 なんだか、おかしい――。

 翌日も舞台がある。地方公演はまだまだ続く。絶対に穴は開けられない。

 「眠らなくちゃ」と焦るほど気分も体調も悪化する。

 そのまま朝を迎えたが、状態は改善しないばかりか、さらに悪化していた。言いようのない不安感、恐怖感が唐突に襲いかかってきて、 動悸どうき が激しくなる。

 夜が来ても眠れない。

 「自分が壊れていくのを実感し始めました」

 それでも――。毎日、舞台の幕は上がってしまう。

女優  比企理恵(ひきりえ) さん(54)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優 比企理恵さん

最新記事