文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

密避け、車内で鑑賞…大阪・万博記念公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

万博記念公園にオープンしたドライブインシアター(1日夜、大阪府吹田市で)=近藤誠撮影

 新型コロナウイルスの感染を防ぎながら、映画やステージショーを楽しんでもらおうと、大阪府吹田市の万博記念公園で1日、車に乗ったまま鑑賞できる「ドライブインシアター」が始まった。府が独自基準「大阪モデル」で警戒を呼びかける「黄信号」を点灯し、太陽の塔が黄色に照らされるそばで、観客が車内から映画に見入った。

 特設スクリーン(縦5・5メートル、横12メートル)の前に約100台の車が並び、太陽の塔に込められたメッセージに迫るドキュメンタリー映画「太陽の塔」が上映された。公園管理団体が設置し、10月まで随時、開催する。

 大阪府では1日、過去3番目に多い195人の新規感染者が確認された。大阪市鶴見区の大学生(20)は「車内での鑑賞は新鮮。他人との接触がなく、安心して楽しめる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事