文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

ガールズバーでクラスター感染した客、家族も感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 熊本県内の新型コロナウイルス感染者は2日、三つのクラスター(感染集団)関連を含め、8日連続で2桁となった。山鹿市の介護老人保健施設「太陽」では、この日も、これまで陰性だった職員と入所者の計2人が再検査で陽性となった。

 クラスターの一つ、長洲町の造船会社「ジャパンマリンユナイテッド有明事業所」の感染者は社員ら6人が増え、計80人となった。既に陽性反応が出た社員の家族で、玉名、山鹿両市の小学生計2人の感染も確認された。

 このほか、熊本市中央区のガールズバー「NEO BARBIEいきなり団子本店」関連で、感染が判明した客の家族が感染。山鹿市民医療センターは、2人目となる入院患者男性(70歳代)が陽性となり、センターは関係者のPCR検査結果が判明するまで、新規入院受け入れ停止などの措置を取る。

 八代市では、教諭が感染した小学校で、新たに女児(10歳未満)の感染が判明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

<PR情報>

最新記事