文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

お盆の帰省「慎重に考えないといけない」…西村経済再生相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 西村経済再生相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が高齢者に広がる懸念があるとして、お盆期間中の帰省について「慎重に考えないといけない」と述べた。近く開く政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で、帰省の際の注意点や対策などに関して専門家の意見を聞く考えを示した。

 西村氏は「同じ環境で食事をすると、無症状の若い人や子供から高齢者に感染が広がる可能性もある」と指摘した。その上で、「田舎にいるおじいちゃんやおばあちゃんの健康と命をそれぞれの立場で考えていただきたい」と呼びかけた。

 一方で、政府として、都道府県境を越える移動について一律に自粛を要請する考えはないとも語った。「行動を控えるのではなく、逆に感染防止策をしっかり講じてくださいと言っている」とし、「3密」の回避など訪問先でも感染防止を徹底するよう改めて訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事