文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

同じ部活の中学女子ら3人感染、練習試合した2校でも生徒感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 京都府と京都市は7月31日、10~70歳代の男女29人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状で、14人の感染経路が不明。府内の感染確認は計787人となった。

 市の発表は18人。生徒に感染者がいた市立中学校で、同じ運動系の部活動に所属する女子生徒ら計3人が新たに感染。これらの生徒と7月下旬に練習試合をした市立中2校で生徒各1人の感染もわかった。

 20歳代の女性保育士と市立小の男性教員の感染も確認された。教員は同月27日に 倦怠けんたい 感などがあったが、28日は出勤していた。20歳代の女性事務職員が感染した京都博愛会病院(北区)では1日と3~4日の外来診療を休止する。

 府の発表は11人。久御山町で2人目の町職員の感染が確認された。このほか宇治市で2人、亀岡、城陽、向日、長岡京、八幡、京田辺の各市で1人ずつ感染していることがわかった。

◆米軍通信所関連で5人目感染者

 京都府と京都市は1日、新たに男女22人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。府によると、このうち50歳代男性は府農林水産部の職員。7月31日に陽性と判明し、職員の職場や共用部分を消毒したという。

 また20歳代女性は米軍経ヶ岬通信所で感染が確認された米軍属男性の接触者だった。同通信所関連の感染者は5人目という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事