文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

メディカルトリビューン

メディカルトリビューン

血中鉛濃度が高いほど知能指数は低い 臍帯血と12歳児の血中濃度から検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 鉛は微量であっても人体に蓄積すると健康に悪影響を及ぼす。特に、小児は成人よりも鉛曝露に鋭敏であるため、危険性が懸念されてきた。東北大学大学院発達環境医学教授の仲井邦彦氏らは、出生時の臍帯血中鉛濃度や12歳男児の血中鉛濃度が高いと、知能検査や語彙検査の結果に悪影響を及ぼすことが明らかになったと、Environ Res( 2020;189:109844 )に報告した。

女児では影響なく、遺伝や育児環境も寄与か

血中鉛濃度が高いほど知能指数は低い 臍帯血と12歳児の血中濃度から検討

※画像はイメージです

 仲井氏らは、2002年に開始した出生コホート調査への参加に同意が得られた妊娠中の女性から出生した児について、発達状態を追跡調査した。出生時に母親から採取した臍帯血と、12歳時点で採取した血液サンプル(計289例)における鉛の濃度と12歳時に受けた知能検査および語彙検査の得点との関連を分析した。

 その結果、臍帯血と12歳時の血液中における鉛濃度の中央値はそれぞれ0.7μg/dL、0.8μg/dLで、いずれも海外の報告に比べて低いことが分かった。

 12歳の男児では、血中鉛濃度が高くなるほど知能検査のスコア ※1 および語彙検査のスコア ※2 が低くなっていた (図)

図.12歳男児の血中鉛濃度と知能検査、語彙検査スコアの関連

血中鉛濃度が高いほど知能指数は低い 臍帯血と12歳児の血中濃度から検討

東北大学リリース を基に編集部作成)

 臍帯血中の鉛濃度については、知能検査の得点との関連は見られなかったものの、高値だった12歳の男児では語彙検査のスコアが低くなることも示された。一方、これらの関連は女児では観察されなかった。

 以上から、同氏らは「男児では、12歳時の血中鉛濃度が高くなるほど知能指数は低くなる傾向が示されたが、影響の受けやすさには個人差があり、遺伝や成育環境などの要因も関与している」と指摘。「今後は鉛の曝露源を明らかにするとともに、曝露レベルの低減や曝露の回避法を検討する予定である」と述べている。(陶山慎晃)

※1  知能検査スケール Wechsler Intelligence Scale for Children-Fourth Edition(WISC-IV)の全検査IQスコア

※2  絵を見せて、その名前を回答する課題60項目から構成された心理検査法によるスコア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

medical-tribune-logo

メディカルトリビューン
メディカルトリビューン はこちら

メディカルトリビューンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事