文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

斜視<3>長時間のスマホ 影響も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
斜視<3>長時間のスマホ 影響も

 「同じ看板が二つに見えるんですよ」。大阪市の会社員飯塚大輔さん(37)は、JR大阪駅前で、100メートルほど先のビル壁面にある看板を指さした。この20年、内斜視と向き合ってきた。

 高校3年の時、参考書を長時間読んだ後、物が二重に見える「複視」になった。少し目を休めると元に戻った。しかし、20歳代半ばになると頻繁に複視になり、なかなか回復しない。車の運転に支障を来すとの危機感を持った。

 内斜視との診断はすぐについたが、治療を受けてもなかなか改善しない。いくつかの病院を回った後、2011年7月、浜松医大病院教授の佐藤美保さんの診察を受けた。

 手術を2回した。1回目は同年12月、右目を外側に引っ張る外直筋を短くして張力を高めた。2回目は15年8月。右目を内側に引っ張る内直筋を緩めた。症状はかなり改善した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事