文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

ナスとハンバーグのデミソース煮…市販のレトルト介護食をアレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、市販のレトルト介護食を利用したメニューのご紹介です。

 私が訪問しているご家庭の中には、奥様や母親に介護が必要になり、旦那様や息子など、男性が介護食を作っている場合もあります。しかし、それまで台所に立ったことのない方にとって1日3回の食事作りは大変で、負担を感じてしまい介護する側の疲労につながりかねません。

 そのようなときには、介護食を最初から作るよりも、味も軟らかさも安定しているレトルトの介護食を利用することも提案しています。調理に慣れるまではそのまま使用してもらい、少し調理に慣れてきた頃に、今回ご紹介するようなアレンジメニューをお伝えします。

 このレシピではユニバーサルデザインフードの中の「容易にかめる」という区分の介護食を利用しています。このように介護食品では、日本介護食品協議会が制定した規格に適合した食品にはロゴマークと固さの目安が示されています。購入の際、行政やかかりつけの病院の管理栄養士に相談し、食べる機能に応じたものを選ぶようにしましょう。

[作り方]

(1) レトルトパウチのハンバーグは袋ごと手でつぶす。

(2) ナスは皮をむき1cm幅の輪切りにする。水にさらしてあくを抜き、キッチンペーパーで水気をふきとる。

(3) フライパンに油をひき、(2)のナスをさっといためる。耐熱皿に移してラップをし、電子レンジで1~2分加熱して軟らかくする。

(4) (3)のフライパンに(A)の調味料と水、(1)のハンバーグ、(3)のナスを入れて5分程度弱火で煮込む。

(5) 器に盛り付けて、粉チーズや粉パセリをふってできあがり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事