文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

バンバンジーサラダ…コンビニのサラダチキンを使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 前回のトマトとキュウリを利用したアレンジサラダのご紹介です。今回は、キュウリを一度斜めにスライスし、そのあと細切りにしています。このようにキュウリは繊維を断ち切るように切ると歯ごたえがよりソフトになります。

 今回、バンバンジーの鶏肉は、たんぱく源としてコンビニエンスストアでも購入できるサラダチキンを使用しています。メーカーによっては硬さや塩分が異なるため、味付けをする前にサラダチキンそのものの味や硬さを確認しましょう。そのままでは硬いと感じる時は、ツナフレークのようにほぐし、マヨネーズやゴマ油をからめて、しっとりさせると食べやすくなります。

[作り方]

(1) ミニトマトはへたをとり、反対側につまようじで穴をあける。沸騰した湯に入れ3~5秒たったら氷水にとり、表面の皮をむく。

(2) キュウリはピーラーで緑の皮の部分をむき、5mm幅の斜め薄切りにしたあと3mm幅の細切りにする。沸騰した湯で1~2分ゆでる(硬さは食べる人に応じて調整)。(1)とともにキッチンペーパーにのせて水気を切る。

(3) サラダチキンは繊維を断ち切るよう3mm幅のそぎ切りにし、かるく手でほぐす。

(4) (1)~(3)を盛り合わせて、(A)を混ぜ合わせたものをかける。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事