文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

キュウリとトマトのカラフルサラダ…ひと手間を加え食べやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、夏野菜のトマトとキュウリを使ったサラダのご紹介です。

 トマトもキュウリも洗うだけですぐ食べられるので、とても便利な野菜ですが、トマトの皮が口に残ったり、キュウリをかむことが難しいと感じることはありませんか。トマトの皮は薄くて硬く、焼きノリのように口の中に貼りつきやすく、かみ切ることが難しいものです。キュウリも黄緑色の果実の部分に比べ、濃い緑色の部分は硬さがあります。

 野菜を食べやすくする調理のポイントは「皮をむく」「ゆでる」というひと手間を加えること。トマトやキュウリの皮をむく、ゆでることはあまり一般的でありませんが、この工程を行うだけで生よりもずっと食べやすくなります。

 今回は手作りのマリネ風のドレッシングで味付けをしましたが、市販のゴマドレッシングやフレンチドレッシングなどをかけるとより手軽に味付けができます。

 湯通しした野菜は、水分が出やすいので、味が薄まってしまいがちです。水気をしっかり切ることで味がぼやけず、食欲増進にもつながります。

[作り方]

(1) ミニトマトはへたをとり、反対側につまようじで穴をあける。沸騰した湯に入れ3~5秒たったら氷水にとり、表面の皮をむく。

(2) キュウリはピーラーで緑の皮の部分をむき、5mm幅の輪切りにする。沸騰した湯で1~2分ゆでる(硬さは食べる人に応じて調整)

(3) (1)と(2)をキッチンペーパーにのせ、水気を切る。

(4) (A)を混ぜ合わせて、盛り合わせた野菜にかける。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事