文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

無症状でも唾液PCR、空港検疫・濃厚接触者検査で活用期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 加藤厚生労働相は17日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染の有無を判定するPCR検査について、無症状の人でも唾液を使えるようにすると発表した。抗原検査での唾液の使用も認める。従来の方法より感染のリスクが低く、空港検疫や濃厚接触者の検査で活用が広がると期待される。

 症状のある人に対するPCR検査などでは、発症から9日目までなら、唾液を検査に使えた。一方、無症状の人の検査では、医師らが鼻の奥の粘液を採る必要があり、くしゃみを浴びて感染する恐れがあった。作業に時間もかかった。

 厚労省研究班が、症状のない感染者に、唾液と鼻の粘液を使ってそれぞれPCR検査をしたところ、結果はほぼ一致した。抗原検査でも同様だった。当初、厚労省は唾液による検査の活用場所を空港に限ることも検討したが、検査対象を拡大して研究を進めた結果、幅広い場面での活用が可能、と判断した。厚労省は、羽田、成田、関西国際の各空港などでの検疫で、唾液を使った抗原検査を今月中にも導入する準備を進めている。抗原検査は結果がPCR検査より早く約30分で判明するとされ、加藤厚労相は会見で「検査能力の体制拡充に資する」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事