文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

IOC会長、来年延期の東京五輪「7~8月開催へ全力尽くす」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は15日、オンラインで記者会見を行い、2021年夏に延期された東京五輪について、「7~8月に開催することに引き続き全力を尽くしている」と述べた。

 バッハ氏は東京大会での新型コロナウイルス対策として、選手や関係者らの安全確保のため「世界保健機関(WHO)の助言に従いつつ、状況の変化に合わせて複数のシナリオを用意している」と語った。「あらゆる対策、予防策も含む」と説明する一方、無観客での開催については「明らかに私たちの望んでいるものではない」とも述べた。

 IOCはこの日に理事会を行い、22年に予定されていたダカールでの夏季ユース五輪を26年に延期することなどを決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事