文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

最高裁事務総局勤務の裁判官が感染…同居家族が陽性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最高裁は16日、最高裁事務総局に勤務する30歳代の男性裁判官が、新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。裁判官の感染確認は初めて。ただ、男性は法廷での裁判を担当していなかった。

 最高裁によると、事務総局は司法行政を担い、総務や人事などの内勤部署がある。男性は都内在住で、10日以降の勤務は在宅だった。同居する家族がPCR検査で陽性となり、15日の検査を経て16日に感染が判明した。現時点では目立った症状はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事