文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

がん患者は新型コロナに感染しやすい? かかると重症化しやすい? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

がん治療のリスクとベネフィットを冷静に考える

  ここまでの回答をまとめると、次のようになります。

 「がんを患っていること、がんの治療を受けること、そのために病院に行くことで、新型コロナに感染しやすくなる、または、感染後に重症化しやすくなるというリスクはあるかもしれませんが、その程度はまだよくわかっていません」

  連日、新型コロナの報道ばかりで、患者さんの気持ちもめいっていると思いますが、リスクのことばかり考えて思い詰めるのではなく、治療の目的である「ベネフィット(効果)」のことを思い返して、リスクとベネフィットのバランスを冷静に考えることが重要です。

 がんの患者さんは、新型コロナの話が出る前から、「リスク」や「ベネフィット」をてんびんにかけて、治療方針の決定や、治療の継続・変更の判断をしてきていると思います(あまり意識していない方も多いかもしれませんが)。「withコロナ」の時代に入ったあとも、同じように考えるのがよいと私は考えています。

つかみどころがない「リスク」  幅を持って推測

  上に書いたとおり、新型コロナの「リスク」については、わかっていないこともたくさんあります。最近までその存在も知られていなかった病原体であり、この病気に対する専門家の見解が揺れ動いていることも、皆さんの不安を助長しているかもしれません。でも、「リスク」というのは、もともとつかみどころのないものであることが多く、また、世の中の状況によっても、個人の状況によっても変化するものです。わかっていないことも含めてリスクを受け止めつつ、治療によって増えるかもしれないリスクを、ある程度の幅をもって推測し、治療によって得られるベネフィットが、そのリスクを上回るのかどうかという視点で、治療を受ける意味を見つめ直してみる必要があります。

 ちょっとイメージしにくい話になってしまったかもしれません。でも、withコロナ時代をがんとともに生きていくために、とても大事なポイントですので、もう少しじっくりと考えていきたいと思います。

 次回は、withコロナ時代のリスクとベネフィットの具体的な考え方や、がん研有明病院で取り組んでいる「がん治療の優先度の明確化」について、紹介しようと思います。(高野利実 がん研有明病院乳腺内科部長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事