文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

医療・健康・介護のコラム

不妊治療「次が最後」と決めたがコロナで中断 夫は再開反対

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
不妊治療「次が最後」と決めたがコロナで中断 夫は再開反対

 街に人が増えて活気が戻ってきましたが、すべてが以前と同じようにはいきません。私も7月になってから、自粛以来初めてお昼に友人と外食したのですが、入店前の体温チェックや消毒、仕切りのプラスチック板など、「ああ、ニューノーマル(新しい常態)とはこういうことなんだなぁ」と今更ながら実感しました。これからも生活の様々なことが大きく変わるのでしょう。

 それでも「今」、以前と変わらずに行動するしかないことは多数あります。妊活をしている人にとっては、いうまでもなく妊娠のための行動はすべて「今しかない」、しかも「できるだけ早く」すべきことなのです。

1人目はすぐ恵まれたのに、2人目不妊で治療

 埼玉県在住のTさんは現在37歳。2人目不妊で治療中です。来年第1子が小学生になるので、「気持ちがすごくあせって、1回でもチャンスを逃したくない」といいます。

 27歳で結婚する前、夫が転勤になっていたことから、「すぐには子どものことは考えてなかった」そうです。しかし幸い、夫が転勤から戻ってすぐ、第1子に恵まれました。その後、育児と仕事の両立が大変で、しばらく避妊をしていました。でも、「そろそろ次の子どもを」と避妊をやめても、今度はなぜかなかなか妊娠しません。

 「今度もすぐだと思っていました。妊娠しないのは、おかしいなって。でも1人は産んでいるから不妊じゃないよね、と思っていたので……」。今、早く専門の病院へいけばよかったと悔やんでいます。

 最初に受診したのは近所の産婦人科。「1人産んでらっしゃるから大丈夫でしょう。まだ若いし、様子を見てみたら」と言われ、安心してタイミング法の妊娠を目指したそうです。しかし半年たっても妊娠の兆候はなし。

夫の男性不妊が発覚

 「上の子と年が離れるのも気になるから、早いほうがいいと思って、別の病院に行きました」。今度は職場近くの、不妊も扱う婦人科クリニックでした。そこで初めて不妊の検査を受けたところ、Tさんは特に異常なし。しかし、「旦那さんのほうに精子減少症という軽い男性不妊があるっていわれて……」と、そこで男性不妊が発覚したことを話してくれました。

 「1人目は何の苦労もなかったので、まさか問題があるなんて……。しかも、原因が私じゃなく、旦那さんで、すごくショックでしたね」。Tさんは、結果を夫に話すことも (ちゅう)(ちょ) したといいます。

 最近では、不妊治療の説明会や初診時には「夫婦そろって」と言われることも増えてきており、週末になると、待合室にはカップルが多くみられます。しかし、Tさんが行ったところはそうではなく、一人で病院に行っていたため、「いくら軽いとはいえ、男性不妊といわれたらショックを受けるだろうなと思うと、すごく悩んでしまった」と言います。検査結果を伝えると予想通り、夫は非常にショックを受けたようでしたが、治療を前向きにとらえてくれたそうです。ここから、Tさん夫婦の不妊治療が始まりました。

人工授精を繰り返し、高額な顕微授精へ

 「旦那さまの男性不妊があるから、自然妊娠は難しいでしょう。人工授精をやってみましょうと言われました。治療をすればすぐできると思ったし、金額を聞いたら覚悟していたほどじゃなかったので、やりますと即答して帰ってきました」。しかし、夫は治療に積極的ではなかったと言います。「人工っていう言葉に旦那さんが抵抗を示して……。そこまでしなくても、1人いるからいいじゃんって。でも私は絶対、兄弟をと思っていたから、ちょっと言い合いになって。結局、説得して治療したのですが、人工授精をしても妊娠しなくて……。1回で妊娠すると思っていたので、それもショックでした」とTさん。結局、人工授精を6回受けても妊娠せず、不妊専門クリニックに転院したそうです。

 「体外受精を勧められましたが、1回に70万円ほどといわれ、さすがに即答できませんでした」。夫と相談して、1回だけやってみようということになり、顕微授精にチャレンジしたそうです。

 妊娠検査の結果は、残念ながら陰性。「人生でこんなに落ち込むことがあるのか、というぐらい泣きました。仕事と育児との両立も大変な中、通院も周りに気を使って調整して頑張ったのに、結局、妊娠できなくて。兄弟を産んであげられなくて申し訳ないという気持ちで、いたたまれなかった。妊婦さんを見ると、うらやましくてつらくて、しばらくうつのようになりました」と語るTさんの声は小さく、消え入りそうでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事