文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

在沖縄米軍の61人コロナ感染…普天間とキャンプ・ハンセン関係者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 沖縄県は11日、在沖縄米軍関係者61人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。海兵隊の普天間飛行場(宜野湾市)やキャンプ・ハンセン(金武町など)所属の関係者で、7~11日に米軍側から県に報告があった。このうち、11日分は45人に上り、県は米軍関係者の間でクラスター(感染集団)が発生しているとみている。

 感染者は基地内で療養しているといい、県は米軍側に入院者数や行動履歴などの情報提供を求めている。4日の独立記念日前後に米軍関係者が基地外でパーティーを開いていたとの情報があり、参加した県民もいたとみられ、県は体調不良の場合、医療機関などに相談するよう呼びかけている。

 玉城デニー知事は11日夜、在沖縄米軍トップのハーマン・クラーディー四軍調整官と電話で会談し、米軍関係者の米国から沖縄への移動中止や米軍側と県の担当部署との会議の場の設置などを求めた。

 県によると、クラーディー氏は普天間飛行場とキャンプ・ハンセンを封鎖していることを明らかにし、会議設置については「可能ではないかと考える」と回答したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事