文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】3歳衰弱死、鹿児島旅行前に「お茶と菓子をいっぱい置いていった」…母親供述

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都大田区で3歳女児がマンション室内に8日間放置されて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の居酒屋店員、かけはし沙希容疑者(24)が警視庁の調べに対し、「お茶とお菓子をいっぱい置いていった。(女児が)死ぬとは思わなかった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は女児が放置された状況を調べている。

 捜査関係者によると、梯容疑者は今年5月と6月の2回、長女の稀華のあちゃん(3)を自宅に放置して知人男性が住む鹿児島県に行っていた。同県では、男性宅ではなく、ビジネスホテルに宿泊していた。

 6月13日までの8日間、同県を訪れた際は、自宅に残した稀華ちゃんが包丁などに触れないよう台所の出入り口に物を置いて通れなくしていたほか、熱中症予防でエアコンもつけていたという。逮捕後の調べに、「お茶とお菓子を置いていった」などと供述したが、稀華ちゃんは極度の脱水と飢餓状態で同13日に死亡が確認された。稀華ちゃんが倒れていた部屋からは、空のペットボトルやパンの袋などが見つかったが、警視庁は十分な飲食物は用意されていなかったとみている。

 梯容疑者は2017年に離婚後、ひとりで稀華ちゃんを育て、一時通わせていた保育園も昨年3月にやめさせていた。鹿児島県に行った理由については、「子どもの面倒を見るのが大変で、リラックスしたかった」と供述しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事