文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

月経前 出血だらだら続く

 排卵日から生理が始まる1週間前まで出血する状態が、1年続いています。最初は排卵日だけでしたが、この数か月は量が増え、期間が長くなっています。子宮がん検診で異常はありませんが、出血がだらだら続いています。(37歳女性)

子宮内膜ポリープか 受診を

高井泰 埼玉医大総合医療センター産婦人科教授(埼玉県川越市)

 妊娠していない女性が、月経ではないのに子宮から出血する状態を「異常子宮出血」と言います。原因には、子宮内膜ポリープや子宮腺筋症、子宮筋腫、悪性腫瘍、血液凝固異常、排卵障害などが挙げられます。

 子宮腺筋症は通常、生理痛がひどくなり、子宮筋腫は経血が増えるケースが目立ちます。がん検診では異常がないようなので、悪性腫瘍の可能性は低いでしょう。頻発する鼻血などがなければ血液凝固異常も考えにくいと思います。排卵障害は月経が不規則なことが多く、基礎体温を1、2か月記録することも診断に役立ちます。

 質問者の場合、月経以外の出血が徐々に増えており、子宮内膜ポリープの可能性が考えられます。超音波検査で分かりにくい場合は、子宮内視鏡で詳しく調べることもできます。

 それでも原因が分からない時には、低用量ピルなどの女性ホルモン製剤を服用して子宮内膜の反応を調べます。また、重症の場合は、麻酔を使いながら子宮内膜をかき出す治療を行うこともあります。気付かないうちに貧血が進んだり、突然の大量出血を起こしたりすることもあるので、早めに産婦人科医にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

<PR情報>