文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

CT検査報告書の確認不足数年間、がん患者ら8人の診断遅れ…3人死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 北海道旭川市の旭川医科大は9日、同大病院の医師が昨年までの数年間にわたり、コンピューター断層撮影法(CT)検査などの報告書をよく確認しなかったため、がん患者ら男女8人の診断が遅れたと発表した。このうち3人は死亡し、5人は治療中という。同大は10日に記者会見を開いて詳細を説明する。同大医療支援課の長谷川和宏課長は取材に対し、「診断の遅れと死亡との因果関係は会見で説明する」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事