文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

狭い空間で飲食、大声で会話したケースも…国内の感染者355人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

狭い空間で飲食、大声で会話したケースも…国内の感染者355人

 国内では9日、19都道府県と空港検疫で新たに計355人の感染が確認され、累計で2万763人となった。1日当たりの新規感染者数が300人台に達したのは緊急事態宣言中の5月2日以来で、同宣言の解除後は初めて。死者は確認されなかった。

 大阪府では、小学生から60歳代までの男女30人の感染が確認され、うち20人の感染経路がわかっていない。府内で30人以上の新規感染は、44人だった4月29日以来。府によると、6月中旬~7月8日に感染が判明した129人のうち、18歳~30歳代が78%を占める。換気の悪い狭い空間で飲食しながら、大声で会話していたケースが目立つという。

 東京都に隣接する神奈川、千葉、埼玉3県でも計69人の感染が判明した。このうち22人が感染した千葉県では、少なくとも7人が通勤や飲食店の会食などで都内との往来があった。千葉県内で1日当たりの感染者が20人台となったのは4月23日以来。横浜市でも、都内の接待を伴う飲食店に勤める30歳代男性の感染が判明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事