文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

自筆の遺言書、法務局に預ける新制度…相続トラブル防止へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 手書きの遺言書を全国の法務局が保管する新制度が10日から始まる。遺言書の紛失や改ざんをなくし、相続にまつわるトラブルを防ぐ狙いがある。

 新制度では、「遺言書保管所」に指定された全国312か所の法務局や地方法務局に、1通3900円で自筆の遺言書を預けることができる。希望者は、住所地や本籍地、所有する不動産を管轄する法務局のいずれかで申請する。

 書式の不備で遺言書が無効にならないよう、署名や押印、作成年月日などの必要事項は、申請時に法務局の職員が確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事