文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

気象庁「命守る行動」呼びかけ、「コロナ心配でも避難優先を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 熊本、鹿児島両県への大雨特別警報を発令した気象庁は、4日午前6時から中本能久・予報課長が臨時の記者会見を行い、住民らに「命を守るための行動」を取るよう強く訴えた。

 会見では、指定された避難場所にこだわらず、川や崖から少しでも離れた建物などへの早期避難を推奨。今後も他地域でも大雨になる可能性に触れ、「警報発令を待つことなく、自治体の避難勧告などに従って身の安全の確保を」と求めた。

 避難所で新型コロナウイルスに感染することを心配する人に対しては、「自治体で対策が練られている」とし、避難を優先するよう呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事