文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

都知事選、どうなる投票率…陣営「感染拡大で行かない人もいるのでは」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
都知事選、どうなる投票率…陣営「感染拡大で行かない人もいるのでは」

 東京都知事選では、投票率も注目される。

 過去6回の都知事選で、最も投票率が高かったのは衆院選と同日選だった2012年12月の62・60%。最低は石原慎太郎氏が大差で再選した03年4月の44・94%だった。16年7月の前回選は、政治とカネの問題を受けて舛添要一氏が辞職し、有力3候補がしのぎを削る構図が注目され、12年選に次ぐ59・73%となった。

 気象庁によると、5日の予報は曇り時々雨と天候は今ひとつだが、それ以上に各陣営が気をもんでいるのは、感染が再び拡大している新型コロナウイルスの影響だ。ある陣営は「感染拡大で投票に行かない人もいるのではないか」と話す。

     ◇

 都選挙管理委員会は4日、都知事選の期日前投票の中間状況を発表した。6月19日~7月3日(15日間)の投票者数は137万8422人で、前回16年の同期間から6万838人増え、1・05倍になった。都選管は感染予防のため期日前投票を呼びかけており、6月17日現在の選挙人名簿登録者数の12・02%に上っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事