文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

都内感染者、20~30歳代が4分の3占める…「夜の街」関連は62人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は4日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに131人確認されたと発表した。1日あたりの感染者が100人を超えるのは3日連続で、緊急事態宣言解除後の最多を更新した。小池百合子知事は都民らに「不要不急の他県への移動は遠慮いただきたい」と呼びかけた。

 新規感染者が3日連続で100人を超えたのは、緊急事態宣言下の4月23~25日以来となる。都などによると、131人のうち、20~30歳代の若年層は98人で全体の4分の3を占めた。接待を伴う飲食店の従業員や客ら「夜の街」に関連する感染者は62人だった。このうち繁華街での感染が拡大している新宿区が52人だった。ホストクラブなどでの集団検査により判明した25人も含まれている。荒川区の介護老人保健施設など施設内感染が10人に上った。会食や職場での感染も各6人で、累計の感染者は6654人となった。

 小池知事は報道陣に対し、都内の区市町村が実施するPCR検査などへの支援を強化する考えを明らかにした。国と連携し、区市町村への財政支援を検討するという。また、他県への不要不急の移動自粛のほか、在宅勤務の推進も呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事