文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」

医療・健康・介護のコラム

贅沢な貸し切り風呂と露天風呂で、大自然をひとり占め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 初めて訪ねた日は土砂降りでした。夕方になり、日が落ちる前に、すっと雨があがり、空一面に霧がかかったかと思ったら、合間から光が差しこみ、眼下にある街を照らし出したのです。

 これが神話の情景、「天孫降臨」か――。

 霧がひくと、今度は噴煙をあげる雄々しい桜島が現れました。なんというコントラストでしょうか。

 もう10年以上も前に見た光景ですが、昨日のことのように鮮明に覚えています。

 これが鹿児島県・霧島温泉旅行人山荘との出会い。

 ちょうど梅雨が明ける頃でした。またあの景色を見ることができるのなら、同じ時期に行きたい。

贅沢な貸し切り風呂と露天風呂で、大自然をひとり占め

社長の手作り岩風呂で大自然の景観を

 前回は3密を避けられる、「秘湯にポツンとある一軒宿」をご紹介しました。

 今回の旅行人山荘は秘湯ではありませんが、5万坪という広大な敷地に、宿泊棟と自然の中に野天湯風の貸し切り風呂が点在しています。

贅沢な貸し切り風呂と露天風呂で、大自然をひとり占め

旅行人山荘の足湯も抜群の景色が楽しめます

 冒頭の風景は客室からも、食事どころ からも、旅館にいれば至るところから眺められます。

 貸し切りの露天風呂へは、宿泊棟から敷地内の散策を楽しみながら行きます。

 人気の「赤松の湯」は、霧島温泉で初の貸し切り露天風呂で、何度も観光ポスターに使われたほど、地元では有名なお風呂です。

 実は名物会長の蔵前壮一さんが、自ら石を積み上げた手作りの岩風呂で、芸術的と言っていいほどの出来上がり。なにしろ、午前中に行くと湯船に木漏れ日が差し、時折、鹿も現れるのですが、こうした景観も全て蔵前さんの計算通りなんです。

 さらに、「鹿の湯」もやはり蔵前さんの手作り貸し切り露天風呂。こちらは足腰が弱った高齢者にも使いやくなっており、浴場専用の車いすシャワー用キャリーも設置してあります。

川沿いの露天風呂、そして飛騨牛のおもてなし

 贅沢な露天風呂がある旅館をもう1か所。

 南の鹿児島から、日本のほぼ中央に位置する岐阜県へ。北アルプスの懐に抱かれた平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉という五つの秘湯が存在する奥飛騨温泉郷です。

 北アルプスの山々を眺めながら湯につかれる絶景露天風呂がたくさんあり、奥飛騨温泉郷は「露天風呂天国」で知られます。温泉好きなら、一度は行きたい場所です。

贅沢な貸し切り風呂と露天風呂で、大自然をひとり占め

槍見館の露天風呂

 なかでも新穂高温泉・槍見館の露天風呂が好きです。川沿いになんと七つもの露天風呂があり、どれに入るか迷ってしまいます。槍見館の客室数は15室なので、これだけの数の露天風呂があれば、貸し切り状態になることも。大きな露天風呂ですから、湯船に他の人がいても、十分にソーシャルディスタンスが保てます。

 湯にのぼせても、お湯から上がると、川風が心地よくほてりを冷ましてくれます。

 槍見館は築200年の風情ある庄屋屋敷です。ロビー奥には、太い (はり) と立派な柱の囲炉裏もあります。館内に入ると、囲炉裏で 朴葉味噌(ほおばみそ) や飛騨牛を焼いたりする香ばしい匂いが漂ってきます。

 飛騨地方の名物の漬物ステーキは、鉄板の上に白菜やたくあんなどの漬物が置かれ、卵の黄身と味噌が添えてあり、混ぜ合わせながら焼きます。もともと塩辛い味ですが、焼いていくうちにさらに塩気が増して、これがまた日本酒に合うのです。

 ちなみに槍見館は、前回紹介した「日本秘湯を守る会」に所属しています。

霧島温泉

霧島温泉 旅行人山荘
【 所在地 】〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3865
【 電 話 】0995-78-2831
【 泉 質 】単純硫黄温泉
【 効 能 】神経炎、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復など
【アクセス】JR霧島神宮駅から路線バスで丸尾バス停下車(電話連絡で送迎あり)
【ホームページ】https://ryokojin.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamazaki_mayumi_prof

山崎まゆみ(やまざき・まゆみ)

温泉エッセイスト、ノンフィクションライター、VISIT JAPAN大使、跡見学園女子大学兼任講師。世界32か国1000か所以上の温泉を巡り、「温泉での幸せな一期一会」をテーマに各メディアでリポートしている。『続・バリアフリー温泉で家族旅行』(昭文社)等著書多数。最新刊は『行ってみようよ! 親孝行温泉』(昭文社)。内閣官房東京オリンピック競技会・東京パラリンピック競技会推進本部事務局「ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議 街づくり分科会」「ユニバーサルデザイン2020評価会議」に参画し、日本の「バリアフリー温泉」の推進に力を注いでいる。温泉情報はTwitter、FB、インスタグラムで更新中。

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事