文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

メディカルトリビューン

メディカルトリビューン

膵がんリスク、野菜だけでなく豆腐でも上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 膵がんは進行が早く、多くが予後不良である。そのため、予防に関する研究結果の蓄積が望まれている。これまでの研究から、野菜の摂取で膵がんの罹患リスクが上昇することが報告されている(関連記事「膵がんリスクは果物で低下、野菜で上昇」 )。今回、国立がん研究センター社会と健康研究センターセンター長の津金昌一郎氏らは、大豆食品の摂取と膵がん罹患リスクとの関連を検討。その結果、野菜だけでなく大豆でも膵がんの罹患リスクが上昇することが示唆されたと、Cancer Epidemiol Biomarkers Prev(2020;29:1214-1221)に発表した。

総大豆食品の他、発酵性、非発酵性、食品別でも検討

膵がんリスク、野菜だけでなく豆腐でも上昇

(C)Getty Images ※画像はイメージです

 大豆食品には、蛋白質、イソフラボン、レクチンなど多くの成分が含まれており、これまでに循環器疾患や、一部のがんにおいてリスク低下の可能性が示唆されてきた。しかし、膵がん罹患との関連については明らかにされていなかった。

 そこで津金氏らは、日本人の生活習慣病予防と健康寿命延伸を目的に実施されている多目的コホート研究JPHCのデータを用いて、大豆食品の摂取と膵がん罹患との関連について検討した。

 解析対象は、JPHCに参加した45~74歳の男女のうち、がん罹患歴のない9万185例。食品摂取頻度に関するアンケートの回答結果から、総大豆食品、発酵性大豆食品、非発酵性大豆食品、各大豆食品(納豆、味噌、豆腐類)の摂取量を算出。摂取量により四分位に分け、摂取の最少量群(第1四分位)に対するその他の群における膵がん罹患リスクを調べた。解析に当たり、性、年齢、地域、肥満度、喫煙、飲酒、身体活動、糖尿病(または服薬)の有無、膵がんの家族歴、コーヒー摂取、魚類摂取、肉類摂取、果物類摂取、野菜類摂取、総エネルギー摂取量を調整した。

大豆食品摂取最多群の膵がんリスクは、最少群の1.48倍

 中央値で16.9年の追跡期間中に、膵がんと診断されたのは577例。総大豆食品摂取量の最少群に対し、最多群では膵がんの罹患リスクが有意に高かった〔ハザード比(HR)1.48、95%CI 1.15~1.92、傾向性P=0.007、 〕。非発酵性大豆食品(豆腐類、高野豆腐、油揚げ、豆乳)の摂取においても同様の関連が認められた(同1.41、1.09~1.81、傾向性P=0.008)。一方、発酵性大豆食品(納豆、味噌)の摂取には、膵がん罹患リスクとの有意な関連は認められなかった。

図.総大豆食品、発酵性大豆食品、非発酵性大豆食品の摂取量と膵がん罹患との関連

膵がんリスク、野菜だけでなく豆腐でも上昇

(国立がん研究センターによる多目的コホート研究HPより)

 各大豆食品で検討したところ、豆腐類摂取の最少群に対し、最多群(第4四分位)では膵がんの罹患リスクが有意に高かったが(傾向性P=0.007)、納豆、味噌にはそうした関連は認められなかった。

欧米の先行研究とは逆の結果に

 これまでに欧米で行われた疫学研究では、インゲン豆、レンズ豆、エンドウ豆、大豆を含むマメ科植物の摂取が膵がんのリスク低下と関連すると報告されている。この点について、津金氏らは「豆類ごとの栄養成分の違い(インゲン豆、レンズ豆、エンドウ豆は大豆に比べて炭水化物が多く、大豆は蛋白質および脂質が多い)や観察期間の違い(欧米の研究は6~8.3年であるのに対し、今回の研究は約17年と長期)が、先行研究と異なる結果につながったのではないか」と考察している。

 また、総大豆食品の多量摂取が膵がんの罹患リスクを高める理由として「動物実験で示されている非加熱大豆飼料による膵臓の腫れとの関連や、非加熱の大豆に含まれるトリプシンインヒビターという消化酵素の働きを阻害する物質の影響などが考えられる」とコメント。

 さらに同氏らは、今回の研究の限界として<1>大豆食品の摂取量は1回のアンケートから算出しており、追跡中の食事の変化については考慮していない<2>さまざまな要因について統計学的調整が不十分である―ことを挙げ、「結果の検証にはさらなる研究が必要だ」と述べている。(比企野綾子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

medical-tribune-logo

メディカルトリビューン
メディカルトリビューン はこちら

メディカルトリビューンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事