文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

富士フイルム、「アビガン」海外展開加速へ…インドとUAEの大手と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 富士フイルムは1日、新型コロナウイルス治療薬として期待されている「アビガン」の海外展開を加速させるため、インド製薬大手とアラブ首長国連邦(UAE)の医薬品販売大手と提携すると発表した。海外での製造や販売を認め、需要増に応える体制を築く。

 富士フイルム子会社の「富士フイルム富山化学」が、アビガンの製造や販売などに関するライセンスを2社に与え、契約金やロイヤルティーを受け取る。2社は中国とロシアを除く海外で、独占的な販売などができる。

 富士フイルム側は臨床試験などのデータを提供する。2社はインドやクウェートで臨床試験を行い、承認を得た後に、販売する。

 アビガンは富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬で、日本や米国で新型コロナウイルス感染患者を対象に臨床試験が行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事