文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

抗議しようと審判に1・8メートル近づいたら退場…大リーグの感染防止規定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ロサンゼルス=佐野司】米大リーグ機構(MLB)は29日、新型コロナウイルスの影響で中断していたキャンプを7月3日から再開することなどを含む今季の開催概要を発表した。

 選手は同1日に集合し、球団施設に入る前にウイルス検査を受診。同23、24日の開幕戦までに最大3試合のオープン戦が可能で、紅白戦には制限はない。60試合制のレギュラーシーズンは、同一リーグの同地区同士で40試合、交流戦を同地区のチームと20試合行う。

 感染防止の新規定も設けられ、身体的接触を防ぐため、抗議などのために審判や相手選手に6フィート(約1・8メートル)以内に近づいた場合は退場となる。試合前のメンバー表交換の代わりに、MLBが用意したモバイルアプリを使用。施設内でつばを吐くことは禁止される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事