文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

旧優生保護法・強制不妊手術の違憲性認める…東京地裁、賠償請求は棄却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(77)が国に3000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であり、手術の違憲性を認めた。しかし、不法行為から20年で賠償請求権が消滅する民法上の「除斥期間」を適用し、男性の請求を棄却した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事