文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

多死社会での高度医療と看取りの併存

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

地域医療の崩壊の対策が別の連載でもテーマになっていますが、ことの本質は似ています。
日本における新型コロナの感染者および関連死は日本の対策のやり方などの諸事情から考えてももっと多いと思われますが、それよりも新型コロナをきっかけにして、医療体制が既にひっ迫していたことがより明らかになったと言えるでしょう。
ヨミドクの連載を見ても、ずっと前から言われていることがなかなか解決されていません。
それだけ、社会や医療の変化に、医療制度や国民の意識がついていけていくのは難しいです。

その中で、看取りも含めて一定以上の診断や治療の質の放棄も一つの選択肢になると思います。
医療人一人育てるのも大変なら、医療社会の構造ごとの変化はもっと難しいものです。
そして、新型コロナ対策の併存によって、動線もコストもより複雑になる中で、田舎で診断も治療も最先端は理論上無理です。

昔の病気は祈祷師とかの仕事でしたが、科学が採算を求める以上、採算の不可能な地域や状況で、求められてもいない不要な検査や治療を減らして看取りに振り分けていくのはある程度仕方ないのかもしれません。
勿論、遠隔診断や治療へのアクセス方法などある程度均質に近づけられる部分に関しては議論の余地があります。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。