文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

喫煙と新型コロナウイルスをテーマに研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「コロナうつ」による再喫煙の懸念

喫煙と新型コロナウイルスで研究会

 日本禁煙科学会(理事長・高橋裕子京都大学特任教授)が主催する禁煙治療研究会(会長・種本和雄川崎医科大学教授)が6月28日、開かれた。禁煙支援にかかわる人に向けて2012年から毎年開かれているものだが、今年は新型コロナウイルスの流行の影響のためオンラインで一般にも公開して開催し、260人余りが参加した。特別企画として「喫煙と新型コロナウイルス」をテーマに3人の演者が講演し、第2波、第3波の流行も予想されるなかで、改めて禁煙の大切さを確認した。

 まず、長谷川浩二・国立病院機構京都医療センター部長が、「新型コロナウイルス感染症における心血管合併症と禁煙推進の重要性」をテーマに講演。新型コロナウイルスは、肺炎はもちろん、血管の内皮細胞で炎症を起こして血栓症を招き、肺梗塞などの原因になることも分かってきたと説明した。

 喫煙との関係では、国内の研究論文や症例報告では患者の喫煙歴についての記載がないものも多く、多忙な臨床現場においては喫煙歴の聞き取りが容易ではない現状があるとした。そのうえで、海外からの報告によると、喫煙が新型コロナウイルス感染症の重症化を招くリスクになるとの様々な研究報告があることや、WHO(世界保健機関)が5月に喫煙が重症化に関与しているとの声明を出したことなどを紹介した。

 長谷川氏はまた、新型コロナウイルスへの不安や自粛生活の影響などによって懸念される「コロナうつ」が、いったんたばこをやめた人が再喫煙する引き金になりかねない点を指摘した。再喫煙によってたばこの害による病気が増えれば、新型コロナによる直接の被害に加えた超過死亡を招くことが懸念される。コロナ下で、再喫煙者が増えることによる喫煙率の上昇を防ぐことの大切さを強調した。

COPDも重症化リスクの可能性

 続いて、舘野博喜・さいたま市立病院内科(呼吸器)科長が、「COPD(慢性閉塞(へいそく)性肺疾患)・タバコと新型コロナ」の関連性について、これまで発表された研究報告を紹介した。COPDは喫煙習慣が主な原因で、肺で酸素と二酸化炭素の交換が行われる肺胞が傷んでしまう肺気腫などの病気のことで、別名「たばこ病」とも呼ばれる。研究報告によると、COPD患者の症例数の報告は少なく、新型コロナウイルス感染症にかかりやすいとは言えないものの、分析の結果から感染すると重症化しやすいと考えられると述べた。

 感染者の既往症としての症例数が少ないことについて、COPDそのものの認知度が高くないことや、診断・治療を受けていない患者が多い可能性についても言及。COPDについての啓発が重要であることを指摘した。

シェアード・ディシジョン・メイキングを

 中山健夫・京都大学教授(健康情報学)は、「健康情報学から見た新型コロナウイルス感染症」のテーマで講演。不確かな情報しかないなかで、どのように対処法を決めていくのが良いのかについて、解説した。

 新型コロナウイルスについては不明な点が多く、エビデンスが積み重ねられている最中であること、普段とは異なる状況の下では、いつもなら信じない情報もつい信じてしまいがちになることなどを説明した。

 そのうえで、どうしたらよいか分からない状況において、何かを決めなければならない際には、「シェアード・ディシジョン・メイキング」が重要であることを説明。一人だけで物事を決めるのではなく、多くの人が相談、協力し、知恵や経験を持ち寄りながら、総合的な判断のもとで決めていくことが大切であるとした。

第2波、第3波へ 「まだ間に合う」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療機関の禁煙外来も、十分な検査ができなかったり診療を一時中止したりするなどの影響を受けたという。禁煙外来を受診する患者には、禁煙して良かったという声がある一方で、新型コロナウイルスへの不安も聞かれる。第2波、第3波の流行に向けて、これから禁煙しようと取り組んでいる人には「まだ間に合うから」と声がけしているという。

 高橋理事長は今回の特別企画について「新型コロナウイルスの第1波が終息に向かってほっと一息ついているこの時期に、医療関係者も、一般の方も、新型コロナとの向き合い方について改めて考える機会にしたいと考えた」と話す。そのうえで、「喫煙が新型コロナウイルス感染症の重症化に関係していることはほぼ確実だとみられており、予防のためにはぜひ禁煙にチャレンジしていただきたい」と禁煙の重要性を強調した。(田村良彦 読売新聞専門委員)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事