文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

Q&A 睡眠誤認<5>睡眠・生活習慣の改善を…秋田大病院精神科教授 三島和夫さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
1987年秋田大医学部卒。国立精神・神経医療研究センター部長などを経て2018年9月より現職。同大臨床研究支援センター長も務める 睡眠障害に詳しい日本睡眠学会理事で、秋田大教授の三島和夫さんに睡眠誤認と不眠について聞いた。 ――睡眠誤認とは。 「不眠症の一つで、正式な診断名は『睡眠状態誤認』です。脳波で測定した実際の睡眠時間より、自分で感じる睡眠時間が短く、そのギャップが大きい状態のことを言います…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事