文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

睡眠誤認<4>趣味に熱中 不眠忘れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
睡眠誤認<4>趣味に熱中 不眠忘れる

「この一輪挿しにはどんな絵がいい?」と話す斎藤さん夫婦。睡眠ばかり考えないよう、浩さんは陶芸などを始めた(神奈川県内で)

 不眠を悪化させる睡眠習慣の改善に取り組む神奈川県の斎藤浩さん(73)は、治療の効果を感じ始めると、自ら眠りやすい環境づくりに乗り出した。

 自宅の寝室は通りに面しており、早朝や深夜の車の音が気になっていた。温泉宿で熟睡感を得られた経験から「静かな環境が大切」と考え、寝室を奥の静かな部屋に変更。家の窓を全て二重窓にリフォームした。

 日中の過ごし方も見直した。退職して外出機会が減ったため、体を動かそうと散歩を日課にした。通院する国立精神・神経医療研究センター病院(東京都小平市)で、「眠ることばかり考えず、他に目を向けることも大切」と助言され、陶芸教室にも通い出した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事