文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

保育施設での乳幼児死亡、昨年は6人…認可外への監査強化奏功、04年以降で最少

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 全国の保育施設などで2019年の1年間、0~2歳の乳幼児6人が睡眠中などの事故により死亡していたことが26日、内閣府の集計で分かった。

 死亡した6人の中で、睡眠中に亡くなったのは4人。このうち認可外保育施設で亡くなった2人は「うつぶせ寝」の状態だったという。国は指針で、窒息や誤飲などの事故を未然に防ぐため、原則はあおむけに寝かせるよう求めている。

 一方、全治30日以上の重いけが・病気の報告は前年より6%増え、1738件に上った。骨折が1401件と8割を占め、意識不明となったケースも11件あった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事