文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

家電量販店で「俺コロナ」、懲役10月の実刑判決…「冗談のつもりだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 名古屋駅前の家電量販店で3月、新型コロナウイルスに感染していると騒ぎ、店の業務を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた名古屋市中村区、派遣社員の男の被告(43)の公判が26日、名古屋地裁であった。田辺三保子裁判官は被告に懲役10月(求刑・懲役1年6月)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、被告は3月29日午前11時16分頃、同区の家電量販店で店員らに「俺コロナだよ、コロナだよ」などと言い、店内の消毒をさせるなどして正常な業務を妨害した。

 被告は公判で、動機については「冗談のつもりだった」と供述し、犯行当時は酒に酔った状態だったと述べていた。

 判決は「感染拡大が深刻な社会問題となっていたことからすると、発言が店舗の営業だけでなく社会全体に及ぼした影響は大きく、結果は相当に重大だ」と結論づけた。

 田辺裁判官は「あなたが起こしてしまったことは、思っている以上に大きかった。(実刑は)やむを得ないと判断した」と説諭した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事