文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

市が寄付募った雨がっぱ33万枚、保管法巡り条例違反の疑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪市が新型コロナウイルス対策で寄付を募った約33万枚の雨がっぱの保管法を巡り、市消防局が市に対し、条例違反の疑いがあると注意したことがわかった。

 雨がっぱは、防護服不足を受けて市が4月中旬に提供を呼びかけた。市は本庁舎の1階ロビーで今月中旬まで段ボール箱に入れ保管。市火災予防条例は、燃えやすい合成樹脂類を大量に保管する際は届け出を義務づけており、市消防局は届け出を怠ったとして市を注意した。雨がっぱの受け入れを担当した市健康局の担当者は「違反の認識はなかった」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事