文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

NY州 訪問者隔離…感染拡大8州対象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

24日、ニューヨーク市中心部で、マスクとフェースシールドを着けた来店客(AFP時事)

 

 【ニューヨーク=村山誠】米国で新型コロナウイルスの新規感染者が急増していることを受け、ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの北東部3州は24日、感染率が高い他州からの訪問者らに対し、14日間の自主隔離を要請すると発表した。

 7日間平均で1日の新規感染者数が人口10万人あたり10人を超えるか、検査の陽性率が10%を超える州からの訪問者、戻ってきた住民が対象となる。違反が判明すれば、ニューヨーク州では初回2000ドル(約21万円)、2回目5000ドル(約54万円)の罰金が科される可能性がある。

 要請は25日から行われる。24日時点の該当州は、アリゾナやフロリダ、テキサスなど8州だ。当初の発表ではワシントン州も含まれたが、誤りだったとして除外された。今後、該当州の情報は毎日更新される。

 感染の中心地だったニューヨークなど北東部3州では、検査での陽性率が1%台に低下した。一方、アリゾナ州では20%を超えるなど、経済活動の再開を急いだ南部の州を中心に陽性率が上昇している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事