文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

父親が陽性、中学女子も感染…学校は2日間休校して消毒へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 埼玉県とさいたま市、川口市は24日、新たに9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は累計1063人。

 さいたま市の新規感染者は市立中学校に通う女子中学生で、23日に陽性が判明した同市の自営業男性(40歳代)の娘。23日まで学校に通っていたが、濃厚接触者はいないという。ただ、市教育委員会は、女子中学生が通う中学校を25、26日に休校とし、消毒を行う。

 県が発表した新規感染者は5人。このうち越谷市の男性医療従事者(20歳代)と三郷市の女性医療従事者(30歳代)は、勤務先の三郷中央総合病院(三郷市)の同僚に陽性者がいた。このほか、いずれも蕨市に住む外国籍の40歳代の夫婦の感染も判明した。もう1人の感染者については、県は調査中としている。

 川口市の新規感染者は3人。うち2人は市内在住でトルコ国籍の50歳代と20歳代の無職男性で、22日に感染が判明した同国籍の無職男性(20歳代)と同居している。もう1人は市内のアルバイト女性(20歳代)で、感染経路などは不明という。

 県によると24日夕現在、入院者は指定医療機関が11人、一般医療機関が24人。ホテル療養は6人、自宅療養は2人。医療機関の退院者やホテル・自宅療養の終了者は946人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事