文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track2】そこに、ピアノがあった。――意識不明の夫を見守る女性のパニック発作――

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 その空港のロビーにはピアノが置いてあり、いろいろな国籍の旅人たちが代わる代わる小品を弾いていきます。クラシックだったり、ロックのバラードだったり、演奏される楽曲も様々です。行き交う人々は、足を止め、ひととき聴き入り、拍手を送ります。

 実は、これはテレビで放送されていた、なごやかでほほえましい光景です。この映像を見ていた時、かつて病棟で体験した、あるエピソードを思い出しました。

幸せな暮らしが一転……

 タカコさん、34歳、会社員。建設業を営むユウジさん(40歳)と3年間の交際を実らせ、結婚したばかりです。明るく幸せな日々を送っていましたが、しばらくして、ユウジさんが、建設現場で転落事故に遭い、脳挫傷による意識障害に陥ってしまいました。

 総合病院脳外科で血腫を除去する手術を受けた後も、軽い意識障害が続き、誰とも会話がかみ合いません。そのためか、元来は温和な性格だったのに、人が変わったかのように、いつもいらだつようになり、ひどく怒りっぽくなりました。そればかりか、夜間や早朝には病院中を 徘徊(はいかい) し、看護師が制すると大声で拒みます。脳外科の医師、スタッフたちも対応に困っていました。

 病室で寄り添ってくれる妻のことすらも、時々、認識できないことがありました。結婚したばかりなのに、事故が原因ですっかり変わってしまった夫の姿。「楽しかった毎日は、もう帰ってこない」と、タカコさんは絶望的な気持ちで、泣いてばかりいたそうです。

 ある日の深夜、勝手に病室を出ていこうとする彼を止めようとしたタカコさんは、突然、激しい 動悸(どうき) と息苦しさに見舞われました。急性のパニック発作でした。

 その夜、精神科の当直医は私でした。緊急コールで駆け付けると、病室の隅には、うずくまって、動けなくなっているタカコさんがおり、傍らには大柄な男性がぼう然と立ち尽くしていました。

 私は急いでタカコさんを病床に移し、安心を促しながら、鎮静効果のあるヒドロキシジンをゆっくりと注射しました。とぎれとぎれに「す…みま…せん」と周囲に謝り続けながらも、タカコさんは、次第に落ち着きを取り戻しました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事