文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナ感染し自宅療養中にパチンコ、市議に辞職勧告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 金沢市議会は22日、新型コロナウイルスに感染し、退院後の自宅療養中にパチンコ店を利用していた松村理治としじ議員(69)(自民、5期)に対する議員辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。決議に法的な拘束力はなく、松村氏は「市民や市議会の信頼を取り戻せるよう頑張りたい」とのコメントを出し、辞職しない考えを示した。

 同日開かれた6月定例会の本会議では、腰痛悪化を理由に定例会を欠席している松村氏と、野本正人議長を除いた出席議員で採決が行われ、賛成30、反対6で決議案が可決された。

 議会終了後、松村氏はコメントを出し、「決議を真摯しんしに重く受け止める。市民には、私の軽率な行動で不快な思いをさせた」と反省。その上で、「議員辞職せず、少しでも早く復帰できるようにと考えている。(復帰後は)感謝と思いやりの気持ちを忘れず、謙虚に活動したい」とした。

 6月定例会はこの日、総額38億円余りの一般会計補正予算案など市長提出の27議案と議員提出の8議案を可決し、閉会した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事