文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

スパコン「富岳」と山中教授ら協力、新型コロナ検証で有識者委…第2波に備え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 西村経済再生相は23日の記者会見で、ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大教授ら4人による有識者委員会を新設し、一連の新型コロナウイルス対策を専門的に検証すると発表した。スーパーコンピューターの世界ランキングで1位となった「 富岳ふがく 」も活用する。

 委員には山中氏のほか、黒川清・政策研究大学院大名誉教授、安西祐一郎・元慶大塾長、永井良三・自治医科大学長を選んだ。

 黒川氏を委員長に、数理モデルを用いた人と人との接触削減や事業者への休業要請、クラスター(感染集団)対応などについて検証し、感染の第2波に備える。

 西村氏は「国際的なネットワークを持った知名度のある方ばかりなので、大所高所から意見をいただきたい」と述べた。安倍首相が感染収束後に行うとしている政府対応の検証とは別で、効果を分析するものにとどまるという。

 また、富岳や人工知能(AI)を使って飛まつの動きによる感染を予測、分析する検討会も新たに設け、24日に初会合を開く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事