文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

在宅勤務の父親「仕事が忙しく頭がいっぱい」…保育園に預け忘れた娘、車中で死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 茨城県つくば市の女児(2)が17日、車内で心肺停止の状態で見つかり、死亡した問題で、父親(40)が県警に「仕事が忙しくて頭がいっぱいだった」などと説明をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。父親はこの日、在宅勤務をしていた。女児が車内に残されていることに気づかなかったという趣旨の説明をし、「保育園に預けるのを忘れていた」とも話しているという。

 県警は、父親が女児を車内に約7時間放置して死亡させた可能性もあるとみて、過失致死などの疑いで事情を聞いている。

 発表によると、父親は17日午前8時頃、長女(8)と次女の女児をそれぞれ、小学校と保育園に送るため車で自宅を出発。女児は後部座席のチャイルドシートに乗せていた。

 捜査関係者によると、父親は「長女を送り終えた後、自宅で仕事をしていた」と話している。帰宅する長女を小学校に迎えに行った午後3時20分頃、車内でぐったりした女児を見つけたという。

 県警は19日、遺体を司法解剖して死因を調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事