文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「こども本の森」7月5日開館…コロナで4か月遅れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪市は18日、市出身の建築家・安藤忠雄氏が設計し、市に寄贈した図書施設「こども本の森 中之島」(北区)を7月5日に開館させると発表した。当初は3月1日の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

 施設は、中之島公園内にある鉄筋コンクリート3階建てで、絵本や児童書など約1万8000冊を所蔵。入館無料で、本の貸し出しはしないが、公園に持ち出して読むことができる。

 感染防止のため当面は事前予約制とする。午前9時半から午後5時までで、1時間半ごとに入館者を入れ替える。定員は各回50人。予約は27日以降、施設のホームページで受け付ける。

 松井一郎市長は記者会見で「人生が豊かになるような、感性を養える本と出会ってほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事