文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

唾液で抗原検査、試薬を承認…来週にも公的保険適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は19日、新型コロナウイルスに感染しているかを30分程度で判定できる抗原検査について、唾液で行うことを認め、試薬を承認した。来週にも公的医療保険を適用する。検査を受ける人の負担を減らし、医療関係者の感染リスクを抑える手法として普及が期待される。

 抗原検査は、検体中のウイルスの有無を調べる。PCR検査より短時間で結果が分かる利点がある。

 今回承認された試薬では、唾液中のウイルス特有のたんぱく質の量を、全国の病院などにある専用機器を活用し測定する。従来の検査キットを使った抗原検査より精度が高い。富士レビオ(東京)が開発した。対象はウイルス量が多い発症から9日目までの人。これまでのように鼻の奥の粘液を使うこともでき、その場合は無症状の人も検査できる。

 鼻の奥の粘液を使う検査では、医療関係者が綿棒で採取する際に、患者のくしゃみを浴びて感染する恐れがあった。今後は症状がある人の多くが唾液で抗原検査を受けられるようになる見込みだ。

 加藤厚労相は同日の閣議後記者会見で「検査能力の向上に寄与すると考えている。(新技術を)積極的に取り入れ、検査能力の拡大を図っていきたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事