文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大人の健康を考える「大人び」

医療・健康・介護のコラム

「健口」で健康(15)舌掃除 口臭や病気防ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 このシリーズでは、予防歯科学が専門の大阪大歯学部教授、天野敦雄さんに聞きます。(聞き手・佐々木栄)

「健口」で健康(15)舌掃除 口臭や病気防ぐ

 舌を思いっきり前に出して鏡を見てください。奥の方に黄色いコケがついていませんか?

 この汚れは「 舌苔ぜったい 」と呼ばれる細菌の固まりで、口臭の原因にもなります。食べ物や唾液が気管に入る「 誤嚥ごえん 」は、高齢者が肺炎を起こす一因ですが、舌苔が多いと細菌が肺に入りやすく、肺炎発症のリスクが高まります。

 舌は「細菌のゆりかご」と言われ、外から入ってきた細菌はまず舌の表面を仮のすみかにします。汚れた舌は格好の増殖場所です。

 歯学部の学生、J君(21)は大学の講義で、舌の表面には味を感じる「 味蕾みらい 」という受容体があり、舌がきれいだと食べ物の味がよくわかると習いました。早速、歯ブラシで舌を磨き、コーヒーを飲んでみました。「いつもより味に深みとコク、苦みがある」。その効果の大きさに驚いたそうです。

 甘味、うま味、苦味、塩味、酸味はすべて舌で感じています。高級料亭などの繊細な味を存分に楽しむコツは、事前に舌を磨き、食べ物は少量を口に入れて、しっかり30回かむことです。

 そうすれば、食べ物の味成分がよく唾液に溶け出し、味蕾が刺激され、「これはうまい」と感じられるはずです。日々食べている奥さまの手料理も、舌を磨き、よくかんで食べれば、「これは三つ星!」となるかもしれません。

 磨くための「舌ブラシ」は市販されており、歯ブラシでも代用できます。ブラシでかき出すように、やさしく舌の表面を掃除してください。口臭や誤嚥性肺炎の予防、そしてグルメを満喫するためにも、舌掃除をお勧めします。

【略歴】
 天野 敦雄(あまの あつお)
 大阪大学歯学部教授。高知市出身。1984年、大阪大学歯学部卒業。ニューヨーク州立大学歯学部博士研究員、大阪大学歯学部付属病院講師などを経て、2000年、同大学教授。15年から今年3月まで歯学部長を務めた。専門は予防歯科学。市民向けの講演や執筆も多く、軽妙な語り口・文体が好評を得ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

otonabi_logo_200

大人の健康を考える「大人び」
大人に特有の体の悩みに応えるコーナーです。各テーマの専門家がアドバイスします。

大人の健康を考える「大人び」の一覧を見る

最新記事